駿府楽市楽座 -江戸時代商業政策の先駆け-

楽市・楽座(らくいち・らくざ)は、安土桃山時代より、織田信長や、豊臣秀吉といった大名などにより城下町などの支配地の市場で行われた経済政策で、既得権者を排除して、自由に取引のできる場所として作られました。「楽」とは規制が緩和されて自由な状態となったという意味です。

15100812

ここ駿府の地では、大御所徳川時代の以前、永禄九年に、今川氏真による富士大宮楽市として開かれ、翌年の織田氏など以後の大名による楽市令などに影響を与えました。

15100810

静岡まつりでも、自由な取引市場として楽市楽座をオープン。
江戸時代調の衣装で参加いただくフリーマーケットです。

15100811

どんなお宝が出てくるのか、掘り出し物を探し出すチャンスです。

第61回静岡まつりポスター

ピックアップ記事

  1. 駿府の竹千代くん
    本日から始まりました、ゆるきゃらグランプリに、静岡まつり公式キャラクター駿府の竹千代くんが参戦しまし…
  2. 第62回静岡まつりの開催日が決定しました。平成30年(2018年)3月30日(金)…
  3. 第61回静岡まつりの来場者総数は63万人でした。朝方の雨で心配されましたが、大御所花見行列を…

アーカイブ

PAGE TOP