駿府楽市楽座 -江戸時代商業政策の先駆け-

楽市・楽座(らくいち・らくざ)は、安土桃山時代より、織田信長や、豊臣秀吉といった大名などにより城下町などの支配地の市場で行われた経済政策で、既得権者を排除して、自由に取引のできる場所として作られました。「楽」とは規制が緩和されて自由な状態となったという意味です。

15100812

ここ駿府の地では、大御所徳川時代の以前、永禄九年に、今川氏真による富士大宮楽市として開かれ、翌年の織田氏など以後の大名による楽市令などに影響を与えました。

15100810

静岡まつりでも、自由な取引市場として楽市楽座をオープン。
江戸時代調の衣装で参加いただくフリーマーケットです。

15100811

どんなお宝が出てくるのか、掘り出し物を探し出すチャンスです。

第63回静岡まつりポスター


画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。

ピックアップ記事

  1. 第63回静岡まつりの来場者総数は100万人でした。3日間ともお天気に恵まれ、また桜も満開とな…
  2. 3月25日(月)に、静岡まつり実行委員長久保田隆と上臈役に選ばれた遠藤彩香さん、海野事務局長が小…
  3. 3月23日の紺屋町マルシェで、駿府まつり塾がPR活動を行いました。まちフェスの一環で、コマや…

アーカイブ

PAGE TOP