朝鮮通信使 -江戸時代最初の朝鮮通信使が家康公に拝謁-

15092523
江戸期の日朝交流は豊臣秀吉による文禄・慶長の役の後、断絶していた李氏朝鮮との国交を回復すべく、日本側から朝鮮側に通信使の派遣を打診したことにはじまります。

15092521

1607年(慶長12年)、江戸時代に入って初めての通信使が江戸幕府に派遣され、6月29日(5月6日)、江戸にて将軍職を継いでいた徳川秀忠に国書を奉呈し、その帰路に駿府で家康公に謁見しました。

15092522

この故事を再現したのが、静岡まつりにおける朝鮮通信使団です。
朝鮮国との和平を強く望んでいた家康公は、大いに歓待したといわれています。

例年、土曜日の午後2時頃に静岡市役所観覧席前にて歓迎式が行われます。

第61回静岡まつりポスター

ピックアップ記事

  1. 満開の桜の下、駿府城の大御所様(家康公)が御台所や大名・旗本など総勢400名を引き連れ、駿府…
  2. 満開の桜の下、駿府城の大御所様(家康公)が御台所や大名・旗本など総勢400名を引き連れ、駿府城下…
  3. 大御所様から花見の宴に招かれた駿府の町民が献上品を持って、それぞれ工夫を凝らした時代衣装で…

アーカイブ

PAGE TOP