静岡まつりの由来

静岡まつりは、「ここ駿府で徳川家康公が、大名・旗本などを引き連れ花見をした」という故事に倣い、静岡だけができる大御所公の和やかな花見行列をメインに、桜の花咲くころのお祭りとして昭和32年(1957年)からスタートしました。

yurai002

「大御所花見行列」を中心に桜の花咲く頃のお祭りとして市民に親しまれています。

 

第四〇回からは「市民が参加する」まつりへと大きく変わり、城下総踊りの「夜桜乱舞」や駿府城を目指す「登城行列」などの他、駿府城内は江戸姿の商人や大道芸人が行き交い、大演舞場や祭り小路など、毎年四月の第一金・土・日に繰り広げられます。

 

yurai03

城下の市民が参加する「夜桜乱舞」

 

期間中は、各会場で様々な催しが繰り広げられます。

第61回静岡まつりポスター

ピックアップ記事

  1. 第61回静岡まつりの公式案内書が出来上がりました。Download (PDF 40.5MB)…
  2. 静岡まつりの期間中は静岡駅周辺で交通規制が行われます。…
  3. 3月23日(木)より、しずチカ情報ポケットに静岡まつりの特設ブースがオープンしました。…

アーカイブ

PAGE TOP